×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


しー・つー


417 名前:愛のVIP戦士[sage] 投稿日:2007/01/30(火) 23:43:04.33 ID:bTCqVmU5O
ぬんわり投下。
【しー・つー】

この頃、とっても寒くなった。
明るくなると地面が白くなってるんだ。そっと手のひらでさわるとすごく冷たい。
水をのむとあんまり冷やっこくて頭のてっぺんがキンキンした。

(*゚ー゚)「うー、つめたー」

ちょびっとだけ飲んで、お姉ちゃんのトコまで走って帰る事にした。

お姉ちゃんが待ってる、私たちだけの最高のぽかぽかポイント。
でも、その場所は今日全然ぽかぽかしないや。

(*゚ー゚)「さむいね」
(*゚∀゚)「ほんとぅ、さむいねぇ」

古ぼけた緑色のベンチの上。
私の長いしっぽゆらり。
おねえちゃんの短いかぎしっぽ、ふるふる。

(*゚ー゚)「ねーおねえちゃん」
(*ー∀ー)「ん、なーにぃ?しぃ」

目をつむったまま、少し眠そうな声。

(*゚ー゚)「んふふー」
(*ー∀・)「あー、しぃのその笑い方。なんかたくらんでるでしょー」


421 名前:愛のVIP戦士[sage] 投稿日:2007/01/30(火) 23:47:15.35 ID:bTCqVmU5O
ふいと頭をあげるおねえちゃん。

(*゚ー゚)「すきありっ!」
(*゚∀゚)「うひゃぁあ!?」

私は無防備になったおなかに顔を勢い良くつっこんでみた。

うん。ふかふか、いいにおい。

(*゚∀゚)「こら、いきなりなにするのさ」
(*゚ー゚)「へへへ、ぽかぽかどろぼうなのだ」

頭をうずめたまんま、おなかに話した。おねえちゃんは "もぅ" って言いながらちょっと笑ったみたい。
そのまま、私の頭をやさしくやさしく舐めてくれた。
へへ、きもちいいな。

よし決めた。寝よう。この幸せを枕にしたくなった。
(*゚ー゚)「おやすみぃ」







  ←戻る ↑home