×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

23 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:16:16.79 ID:2lKIy3B40

+ ;
* ☆_+
: , xヾ:、__,..-‐‐:、、,へ.........._
         く '´::::::::::::::::ヽ
          /0:::::::::::::::::::::::',
       =  {o:::::::::(^o^)::::::} ギコの爆弾オワタ
         ':,:::::::::::つ:::::::つ
      =   ヽ、__;;;;::/
           し"~(__)


\(^o^)/「心温まる魔女のお話、How do you?」

\(^o^)/「意味が違う?NO!俺に掛かれば全て日本語!」

\(^o^)/「ところで、実は……俺は魔女だったんだ!」

\(^o^)/「スマネェ!……隠していたわけじゃないんだが……」


\(^o^)/「↑みたいな事を言っている奴は、絶対隠してたZE!!」

\(^o^)/「さぁ、雑談はここまDE!次行くぜ!ふぉーえばーらぶ!」


28 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:20:22.36 ID:2lKIy3B40
        //
        | |  /⌒ヽ           /⌒ヽ
        | | / ^o^ )          ./ ^o^)
        | | /  /            /  /
        \::::::::::::;\        /::::::::::::;\
          |:::::::::::: l |       //´|:::::::::::: l |
          |:::::::::::: | |       | | |:::::::::::: | |
         /::::::::::::/| |      // /::::::::::::/| |
         |::::::::::/ U      U |::::::::::/  | |
         |::::||:::|  | |    | |  |::::||:::|  U
         |::::||::|   | /⌒ヽ/  |::::||::|
          | / | |   /  ^o^ )  .| /.| |
         // | |   |   /   // | |
        //  | |   | /| |   //   | |
       //   | |   // | |   //   | |
       U    U  U  U   U     U
\(^o^)/「Oh!なんて可愛いペットを連れているンDA!」

\(^o^)/「俺もねこたんを飼ってるZE!」

\(^o^)/「自分語りはNO please? OKOK、次のStoryの説明NE!」

\(^o^)/「主人公がAA以外と言うめずらしいストーリー。(棒読み)
       本編では超ほのぼの。でも今回は激しいエロ(棒読み)」

\(^o^)/「Are you OK?それじゃ、行くぜ!」

\(^o^)/「GOGO OWATA! 入れ替えると「OATAW」!」

\(^o^)/「おあたw」

29 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:22:40.47 ID:2lKIy3B40
俺「おい……冗談はやめろよ」

( ^ω^)「冗談なんかじゃないおwwww」

俺の目の前に、一人のピザ。
満面の笑みで俺を見ている。

俺にとっては大きすぎるこの部屋、そこに、俺とブーンの二人がいる。

( ^ω^)「前にも言ったお?イチはブーンのペットなんだおwww」

俺「ああ、確かに聞いた」


だけど……だけどな。



小さな糸によって縛られた俺。

ブーンの手は、俺の洋服を脱がせていた。




俺は( ^ω^)のペットのようです

30 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:25:37.82 ID:2lKIy3B40

( ^ω^)「ペットなんだから、ちゃんと調教するおwww」

いや、待て。
俺は必死に抵抗しようとするが、巨大な体を持つブーンには歯が立たなかった。
ましてや、俺は糸で縛られている。

俺「お、落ち着け! もう夕食作ってやんねーぞ!」

( ^ω^)「プリンがあるおwwwww」

俺「ば……止めろ──」

俺の抵抗もむなしく、『1』とプリントされた俺の洋服が、はがれるように脱がされた。

( ^ω^)「うはwww 下は何も着てないのかおwww」

俺はこの部屋の暑さから、いつもシャツ一枚しか着ていなかった。
そのため、シャツを脱がされると同時に、俺の上半身は裸になるということで……。

……裸?

俺「う、うわぁぁ! みんなっ! 変態!」

( ^ω^)「ご主人様に、変態はないお!」

いつもと違う様子で叫んだブーン。
次の瞬間、俺のズボンと下着が一気にずり下ろされた。


31 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:26:41.03 ID:2lKIy3B40

( ^ω^)「おっおっおっwww イチもちゃんとした女の子なんだおwww」

俺「バカヤロッ! 早く服を返せ!」

( ^ω^)「……まだ自分のおかれた状況が分からないのかお?」


は?
自分のおかれた状況がおかしいから、俺は抵抗しているんだ。
いい加減にやめろ──と言おうとした俺。

しかし、出てきたのは違う言葉……音だった。


俺「やっ……!!」


ブーンの大きな人差し指が、俺の股間に触れた。
出したくも無い声が、俺の口から発せられる。


俺「ふぁ……んん……!!!」

( ^ω^)「おっおっおwwww ちゃんと感じているのかおwww」


32 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:28:31.45 ID:2lKIy3B40
俺「バカヤロウ!! 早くはなせーーー!!!」

離れる手と同時に叫ぶ。
すると、心なしかブーンの手がとまったように見えた。

( ^ω^)「……やっぱり、下を触られるのはいやかお?」

通じた、と心の中でさけんだ。

俺「ああ! いやだ! だからこの糸をほどいてくれ!」


( ^ω^)「それじゃ、おっぱいから失礼するおwwwwww」

ああっ!一瞬でも期待した俺がバカだったよ!
何てこったい、このエロバカピザ!

悪態をつくのは、一瞬だけで……。
次の瞬間には、ブーンの爪が、俺の乳首をつまんでいた。

俺「痛っ……やめろ!」

( ^ω^)「ここで、グリグリーってするお!」

俺「─────っ!」

摘んだ状態のまま、ブーンが指を反転させた。
千切れそうになる乳首、そして大きな刺激が、俺に襲い掛かる。


33 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:29:34.62 ID:2lKIy3B40

俺「痛いっ!痛いって!!」

既に小粒の涙が零れている。
本当に、本当に痛いんだから。

( ^ω^)「そのウチすぐに気持ちよくなるおwwww」

俺「ならないっ! 絶対──痛いっ!!」

爪を尖らせたまま、俺の乳首を捏ね繰り回す。

違う。俺の知っているブーンは、こんなのじゃない。
確かにバカだけど、こんなことをする奴じゃない!


( ^ω^)「なんだかんだ言って、下は濡れてきてるお?」

俺「ち、違う──」

( ^ω^)「違わないお」


片手で俺の乳首を。
もう片方の手で、俺の濡れた股間を触り始めた。

34 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:30:39.06 ID:2lKIy3B40

( ^ω^)「おっおっwww 指が入りそうだお」

指?
俺とブーンの大きさは根本的に違う。
自分の指を入れるのが限界な俺の下半身に、ブーンのなんて入るはずが──。

い、いやっ!決して自分の指を入れたわけじゃないからな!
絶対に勘違いするなよ!!


( ^ω^)「おっおっwww イチでもオナニーするのかおwwww」

俺「そんなことしな……んぁぁぁぁ!」

( ^ω^)「ご主人様には、敬語を使うんだお」

俺「………ふぁけるな……」


もう、まともに言葉を発することもできない。
俺の体は、確実に変化を起こしていた。


35 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:32:03.33 ID:2lKIy3B40
( ^ω^)「いよいよ、舌を入れるおー」

俺の乳首から、ブーンの爪が取れる。
ようやく終わる痛み。
良かった───………。

はずなのに。


俺(少し……物足りない……)


( ^ω^)「お?悲しそうな顔をして」

俺「………」

( ^ω^)「……いいお。それより、舌入れるおー」


ブーンの顔が、俺の股間へと向かう。
そして───俺の中に、何かが入ってくるのが分かった。



37 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:35:32.02 ID:2lKIy3B40
俺「いやぁ……! んぁぁ…ふぁぅ……!」

やばい。本当にやばい。
頭がおかしくなりそうだ。

真っ白で、何も考えられない。

すごい……気持ちいい。
こんな快感は、今までにない。


( ^ω^)「おっおっwww 気持ちいいかお?」

顔を上げてこっちを見るブーン。

俺「気持ち……いい……」

( ^ω^)「やっと、素直になったお」

そして、もう一度奴は顔を埋めた。
来る……来る───っ!!


俺「あっあっ! やばっ! すごいってぇ……!!」

俺「ぶ、ブーン……! お願いだから……!」


俺「ち……乳首も……」


40 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:38:07.11 ID:2lKIy3B40

( ^ω^)「乳首も、何だお?」

相変わらず顔を埋めたまま、声を出す。
言葉を言った後は、また俺の股間に舌を出した。


俺「ふぁぁ! だ、だからぁ……! 乳首もぉ……」


乳首も……。

乳首も………苛めて、欲しい。


(*^ω^)「おっおっ!把握だおwwwww」


そして、俺の乳首を摘む爪。

来た──この刺激。

この刺激が───欲しかったんだ。


俺「うぁああ!痛っ……気持ちっ……ふぁっぁっぁ!」


41 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:39:44.74 ID:2lKIy3B40

全てが狂ったように動いていた。

全身から、最高の刺激が俺に襲い掛かる。
気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。気持ちいい。

俺「あっあっ!! 何っ……なんか……きちゃ──」

俺「何かきちゃ……うよぅ…!!」

ブーンが何か言葉を発するが、聞こえない。
今の自分の状況が、いまいちつかめない。
いや、掴まなくてもいいんだ。

俺「んくぁぁ! あっあっっっ! やっあ……」

何かが波のように押し寄せてくる。

来る!来る!来る!来る────っっっ!!


俺「ああああっっ!!」


────……・・・・


43 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:40:49.29 ID:2lKIy3B40

俺の股間から、まるで漫画のような汁が流れ落ちる。
股を伝い、そして地面へと。

俺「んはぁ……はぁ……」

(*^ω^)「イチ? イッたのかお? イッたのかお!?」

俺「…………うん……」

考えがまとまらないうちに、返事をしてしまった。
私は、ブーンにいじくられて、イッてしまったのか。

(*^ω^)「スゴイお! さすがはショボン魔法会社の薬だお!」

俺「……薬?」

(*^ω^)「『本当に可愛いペットにしたいときは、これを使え』──って言ってくれたんだお!」


へぇ〜……さすがはショボン魔法会社だね。
媚薬まで用意してくれるのか……。


媚 薬 ま で ?


44 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/06(火) 21:42:09.95 ID:2lKIy3B40

俺「……ブーン……」

(*^ω^)「おっww もう一回やるかおwwww」


俺「死ねえええええええええええええ!!!!!」

近くにあったシャプペンを手に取り、それをブーンの目に向けて投げつける。
見事にそれは、ブーンの目に直撃した。

( ゚ω゚)「あいたたたたっっ!」

俺「何媚薬なんて飲ませてるんだよ! この変態!!」

俺「あー!! もう嫌だ! 寝るっ! お前の晩飯抜きな!!!」

(;^ω^)「イ、イチ!怒らないでくれお!」

俺「知らないっ! こんな変態とはかかわりたくない!」

(;^ω^)「お……でも、イチ。自分から乳首を苛めてって──

俺「あああああああ!! 聞こえない聞こえない!!!」




〜終〜



  戻る