×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第三話


3 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:47:57.83 ID:XmE4S7ct0
( ´_ゝ`)「だぁ、だぁ!」

(´<_` )「……おー、よしよし、元気か?」

( ´_ゝ`)「だー!」

(´<_` )「お前だーとかばぶーとかしか言えないのかよ〜」

( ´_ゝ`)「ばーぶぅ!」

(´<_` )「イクラちゃんの真似かー! 上手いなぁ!」

(´<_` )「……はぁ。なんだこの寂寥感。
       結婚三年目の倦怠ってやつか」

( ´_ゝ`)「?」

(´<_` )「兄者、そろそろ寝たほうがいいんじゃね?」

( ´_ゝ`)「ぶぅ」

第三話 はじまり

4 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:48:54.20 ID:XmE4S7ct0
弟者はたまごクラブを読むことにした。
何せ、子育てなどこれまでしたことがない。
そして気づいた。

たまごクラブが妊娠中の女性のための雑誌であることに。

(´<_` )「買うならひよこクラブの方だったのか……
       普通さ、生まれたての子供のためのたまごクラブだと思うじゃん。
       いや、卵ってことはまだ産まれてないのか?
       でも、身体からは離脱してるよな……」

女なんてしゃぼんだまー。
そう叫びながらたまごクラブを窓際に放る。

万事休すといったところか。
幸い、兄者はソファの上でうつらうつらし始めた。
このまま寝てくれれば助かる。

(´<_` )「……ううん、暇だな」

辺りを見回す。
極めて整頓された部屋だ。
ここ、リビングダイニングにあるのは食卓とソファ、そしてテレビをパソコンぐらいである。

5 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:49:44.64 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「兄者はパソコンが好きだったな」

触って良いものかわからない。
とりあえずそのまま放置して、ソファに座り直した。
途端に襲ってくる眠気。

都会にやってきたばかりなのだ。
疲労が溜まって当然というものである。

(´<_` )「よし、兄者。一緒に寝るか」

( ´_ゝ`)「Zzz」

(´<_` )「……寝たか。
       つーかこいつ、上半身裸でいいのか?」

正しくはオムツ一丁。
弟者は持ってきたカバンの中からタオルを取り出して、それで兄者をくるんでやる。

(´<_` )「……風呂、入ってこよう」

6 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:50:34.64 ID:XmE4S7ct0
十数分経過して。

(´<_` )「ふー、すげーな、昨今の風呂は。
       あれなんだな、35℃とか設定できるんだな」

熱湯と水を混ぜなくて済む。
そんな、どうでもいい感傷に浸りつつ、弟者は持ってきたバスタオルでわしゃわしゃと

髪を拭く。

兄者は相変わらずソファで寝こけている。
よく落ちなかったものだ。そんなことをふと思う。

(´<_` )「さってと。あんまりデカい音を出しちゃいけないだろうし。
      このまま寝かしておくにはテレビも見ることができないな」

(´<_` )「……とりあえず、明日はいろいろ買わないといけないな
      必需品と思えるものが何もない。
      乳母車だろ、あのカラカラやるやつだろ、モビールだろ……」

今後の予定に思いを馳せていると、兄者がまたも、目をクワッを見開いた。

( ;_ゝ;)「ぴぎぃぃぃぃぃぃぁぁゅぅぅぅぅ!」

(´<_` )「うおう!? 今度はどうした! 空襲か!?」

7 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:51:13.56 ID:XmE4S7ct0
オムツの問題だろうかととりあえず剥がしてみると。
すると案の定。

(´<_` )「あれだな。大じゃないだけマシだな」

せこせこと、不器用にオムツを取り替えてやる。
それが済むと、兄者はすぐに静かになった。

(´<_` )「全く……用事があるなら喋れよ。
      今年で二十四だろうが」

( ´_ゝ`)「Zzz」

泣き腫らした目を閉じて、静かに眠り込む兄者。
弟者もあくびを一つ。

(´<_` )「んん……そうだな、もう、俺も寝るか」

しかし、夜は終わらない。

8 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:52:00.83 ID:XmE4S7ct0
PM8:00

( ;_ゝ;)「ぎゃあぁぁぁぁあぁぁあ」

(´<_` )「どーした兄者! ついに日本は戦争に負けたのか!」

PM9:00

( ;_ゝ;)「もぎゃあぁぁあぁあぁああぁあ」

(´<_` )「そーだな兄者! GHQの横暴は目に余るものがあるよな!」

PM10:00

( ;_ゝ;)「みぎょぉぉあぁああぁあぁああ」

(´<_` )「ああ、何か歌って欲しいのか!?
      こんにっちわーあっかちゃん♪ あーなたーのーえーがーおー……」

PM11:00

( ;_ゝ;)「みょおぉぉおおぉぉんおおおぉぉん」

(´<_` )「やったぞ兄者! ついに沖縄が返還される!」

PM:12:00

( ´_ゝ`)「だいにっぽんてーこくばんざぁぁぁあああああい」

(;<_; )「うぎゃああぁぁぁあああああああん」

9 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:52:47.65 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「時に落ち着け、兄者」

未だ泣きじゃくっている兄者を無理矢理座らせる。
ちょうど日付が変わった頃である。

夜泣きという言葉が頭を駆け抜ける。
赤ちゃんの夜泣きは心配に値しないとYAHOOか何かに書いてあった。
しかしうるさいことに変わりはない。
安眠妨害だ。訴えたい。

(´<_` )「まぁ話そう。話せば分かり合えるはずだ」

( ´_ゝ`)「ぐすっ……」

(´<_` )「静かだと可愛いのになあ。あれだな、性格悪い女みたいだな。
      ……しかし困ったな。このままだと眠れない」

( ´_ゝ`)「……」

ころん、とソファに転がる兄者。
そして、瞬く間に寝息を立て始めた。

(´<_` )「……」

そんな時。
突如、据え置きの電話がけたたましい電子音を響かせた。

11 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:53:25.18 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「電話……とっていいのか?」

パソコンの隣に設置されていたそれを取り上げる。

(´<_` )「はい……もしもし……ああ、母者か……ああ、もう着いたよ」

(´<_` )「うん……兄者も元気そう……いやむしろ元気すぎて困っている」

(´<_` )「まぁ、若気の至りだよ……仕方ないよ」

(´<_` )「……え……あ、挨拶回り? 隣近所に?」

(´<_` )「お母様、時間感覚は大丈夫でしょうか」

(´<_` )「あ……はいはい、行きます。行きますって」

(´<_` )「だから電気椅子はやめてくださいお願いします」

(´<_` )「……はい。はい……」

ガチャッ

(´<_` )「なんてこったい」

電話は母者からであった。
用件は、要約すると「隣近所に挨拶回りしてきなさい」

時計を見る。午前0時半。
言いようのない恐怖に苛みながら、弟者は上着を着て家を出た。
粗品を手に。

12 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:54:12.89 ID:XmE4S7ct0
ピンポーン。
ピンポーン。
ピンポーン。
ピンポーン。
ピンポーン。
ピンポーン。
ピンポーン。

('A`)「うるせえな!」

(´<_` )「ああ、すみません。ちょっと顔出してもらえません?」

('A`)「またお前か」

インターホン越しに舌打ちが聞こえた。
やがて扉から出てきたのはいかにもオタッキーな三十手前の男。
多分独身。いや、絶対独身。いや、永遠に独身。

('A`)「なんだよ、こんな時間にピンポンピンポン」

(´<_` )「挨拶回りです。このたび302号室に移り住んできた弟者です」

('A`)「ふーん、あっそう」

13 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:55:17.00 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「……興味なさそうな」

('A`)「眠いんだよ。お前時間わかってる?」

(´<_` )「夜中の十二時ちょい過ぎた頃ですかね」

('A`)「もっと朝とか、昼間に来いよ」

(´<_` )「全く同感です」

('A`)「……てめぇ」

扉を閉めようとするドクオ。
それを慌てて、弟者は足を挟み込んで阻止する。

('A`)「なんだよ!」

(´<_` )「これ、粗品です」

('A`)「へぇ……ってたまごクラブとかいらねーよ!」

(´<_` )「そんな、ひどい!」

('A`)「つーか何で夕方、ピンポンダッシュまがいのことをしやがった?」

(´<_` )「部屋を間違えたんです。320号室と302号室を」

('A`)「ここ308号室なんだが……」

14 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:56:40.76 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「いやあ、他の部屋の人たちは寝てるみたいで」

('A`)「俺も寝てたけどな」

(´<_` )「やっぱり一回ピンポンしただけじゃダメですかね」

('A`)「つーか俺の部屋も一回ピンポンで諦めろよ」

(´<_` )「いや、このピンポンは慣れたんです」

('A`)「もう二度と来るなお前。首吊って塩酸と水酸化ナトリウム一緒に飲んで死ね」

(´<_` )「塩ができるなあ」

('A`)「うるせえ!」

(´<_` )「ところで、ピンポンするって動詞は都会的にアリですか?」

('A`)「しらねーよ!!」

無理矢理扉を閉められる。

(´<_` )「ああ、最後に、せめて最後にお名前を!」

('A`)「ドクオだ!」

扉越しに、微かな声が聞こえてきた。

16 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:57:22.56 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「ふう」

家に帰ってきた弟者。
ここでまた、大あくび。

(´<_` )「本気で寝たいな……ドクオって人の家のベッドを借りればよかった」

見ると兄者はスヤスヤ眠ってしまっている。
この安穏はいつまで続くのであろうか。

(´<_` )「……おやすみ」

今度こそ、弟者は深い眠りに落ちこんだ。

途中、幾度か兄者の泣き声を聞いた。
全て無視した。

すると、泣き疲れたのかすぐに止んでしまった。
すばらしい対処方法だと、弟者は寝ぼけた頭で考えていた。
まさに外道?

17 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:58:09.99 ID:XmE4S7ct0
ピンポーン。

早朝。
弟者はそんなチャイム音で目を覚ました。

(´<_` )「なんだ……まだ五時じゃないか
       世の中、常識知らずもいるもんだな」

もしやギコが帰ってきたのか。
そう思いつつ、寝ぼけ眼で扉を開けに向かう。

ガチャ

(´<_` )「どちら様?」

('、`*川「やーやー」

立っていたのは、やたら大きなトートバッグを提げた若い女性。

(´<_` )「……」

(´<_` )「誰?」

('、`*川「あれー?」

18 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:58:44.86 ID:XmE4S7ct0
('、`*川「私だよ。この白衣を見て思い出さない?」

(´<_` )「……ペニス泌尿器科の……」

('、`*川「その間違え方はありきたり且つアグレッシヴすぎるな。
     ペニサスだよ。昨日、あなたのお兄さんを診察してあげたでしょ?」

(´<_` )「ああ、その節はどうも」

('、`*川「いえいえ、こちらこそ」

(´<_` )「……はっ!
      お前、なんでここの場所を知っている!?」

('、`*川「……昨日、住所教えて貰ったでしょ」

(´<_` )「ストーカーか」

('、`*川「違う」

(´<_` )「で、何の用ですか。つーかこんな時間に来るなんてアホですか。
      アホですね。人類みんなアホです
      もうこれからアナタのニックネームはアホサスです」

('、`*川「なんかキミに言われると腹立つねぇ」

19 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:59:13.04 ID:XmE4S7ct0
('、`*川「往診。昨日言ったでしょ。
     ちょっと見させてもらっていーい?」

(´<_` )「あー、いいですよ」

('、`*川「しつれいー」

上がり込むペニサス。
それに続く弟者。

('、`*川「あー、寝てる寝てる……って、ヌードじゃないの!」

(´<_` )「隠すべき所は隠してますよ」

('、`*川「風邪ひいたらどうすんの!?」

(´<_` )「いや……風邪はひかないですね」

('、`*川「どうして?」

(´<_` )「根拠は……春、だから」

('、`*川「あーまぁ、じゃあ大丈夫か」

20 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 20:59:56.78 ID:XmE4S7ct0
('、`*川「でもやっぱり、服は欲しいよね」

(´<_` )「でも無いですよ。何しろ突然の出来事でしたから」

('、`*川「そう思いまして、心優しい私としましては、ですね」

トートバッグを漁り始めるペニサス。

('、`*川「じゃーん。赤ちゃん用の服合計五十着」

(´<_` )「ほう。色とりどりですな」

('、`*川「まぁいろいろあったからねえ」

(´<_` )「まさか、若いのにすでに子育て経験が!?」

今度こそ、などという若干の期待を込めておく。
するとペニサスは遠い目をした。

('、`*川「いいでしょ……過去の事なんて……どうでも」

(´<_` )「まぁそこまで聞きたくもないですが」

('、`*川「なにぃ!?」

22 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 21:00:56.78 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「ありがとうございます。で、おいくら?」

('、`*川「タダ」

(´<_` )「相変わらず太っ腹!」

('、`*川「崇めなさい崇めなさい」

(´<_` )「太っ腹! 腹が太い!」

('、`*川「……そーでもないと思うけどなあ、個人的には」

(´<_` )「自意識過剰ですね」

('、`*川「……ま、まぁ他にも欲しいものがあったら言ってよ。
     一応、家にいろいろあるからさ」

(´<_` )「把握した」

('、`*川「んー、それにしても可愛いなあ」

( ´_ゝ`)「Zzz」

(´<_` )「自慢の兄です」

23 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 21:01:44.74 ID:XmE4S7ct0
('、`*川「でもね」

(´<_` )「?」

('、`*川「この頃が一番可愛いのよ」

(´<_` )「はあ」

('、`*川「そのうちね、身体が大きくなってね、親の言うこと聞かなくなってね。
     『私は世界を征服するのだー』とか言って旅に出たりするのよ」

(´<_` )「それがバラモスの生い立ちですか」

('、`*川「いや、ゾーマ」

(´<_` )「どっちでもいーや。
      つーか何もしないなら帰ったらどうです?」

('、`*川「ひどいな。モノさえもらえればそれでいいって。
     まるでオトコだな、キミは」

(´<_` )「男ですが」

('、`*川「ニュアンスが違うの。男とオトコ」

24 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 21:02:10.39 ID:XmE4S7ct0
ガチャリ
鍵の開く音。
玄関の方を見やると、チャイナドレスのギコが突っ立っていた。

(´<_` )「お帰りなさい」

( ,,゚Д゚)「あ、ただいま。あー、疲れたわね、
      まったく、ワカやんはお金たくさん落としてくれるのはいいんだけど蘊蓄が長い……そちらの人は?」

(´<_` )「あ、えーっと」

( ,,゚Д゚)「タレ?」

(´<_` )「いえ、違います」

( ,,゚Д゚)「ふぅん。ま、いいわ。
      ちょっとお風呂でリフレッシュしてくるわねぇ〜」

その格好のまま風呂場へ向かうギコ。

('、`*川「……ねえ」

25 名前: ◆xh7i0CWaMo [] 投稿日:2007/02/15(水) 21:02:27.02 ID:XmE4S7ct0
(´<_` )「はい?」

('、`*川「あの方は?」

(´<_` )「ギコです」

('、`*川「いいわね」

(´<_` )「はい?」

('、`*川「……惚れた。一目惚れってヤツ?」

(´<_` )「……」

(´<_` )「頭、大丈夫でしょうか?」

・・・

・・



第三話 おしまい。



  ←戻る ↑home