×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


第十三話


2 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/03/01(木) 21:51:09.06 ID:NBVACXnA0
プルルルルル……
プルルルルル……

(´<_` )「あ、電話」

('、`*川「おう?」

(´<_` )「あい、もしもし……あ、母者……」

(´<_` )「……え、絞首刑……はは、まさか」

(´<_` )「はい……いえ、うん、元気……断頭台じゃないです、ええ」

(´<_` )「……あ、兄者もまぁ、それなり……かなあ」

(´<_` )「……え……」

(´<_` )「……」

(´<_` )「こっちに……来る……? 三日後、に……」

第十三話 はじまり

3 名前:愛のVIP戦士[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:51:49.39 ID:NBVACXnA0
電話を置いて溜息。
アホサスを見てもう一度。
兄者を見やって三度。

('、`*川「誰から?」

(´<_` )「神は私をお捨てになられた。
      世界は終わりだ……もう、何もかもが崩壊する。
      ああ、主よ。貴方はこの世界に飽いてしまったのか……」

('、`*川「どうしたの!? なんかアラブ系になってるよ!?」

(´<_` )「母者が、来る」

('、`*川「それは、そんなに危惧すべきことなの?」

(´<_` )「まぁ、現状が知れたらこの街は綺麗さっぱりバスクリン」

('、`*川「……ああ、アニージャねえ」

( ´_ゝ`)「?」

(´<_` )「チェルノブイリの悪夢が再来するよおおおおおおおおおおおおお」

つまりそれは世界の終焉。
地球の崩壊。或いは、地獄の皇太子の降臨。

5 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:52:26.20 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「この状況を乗りきる方法は、およそ二つ」

('、`*川「詳しく聞かせてもらおうか!」

(´<_` )「ひとおおおおおおおおおおおおつ」

('、`*川「おおおおおおおおお!」

ξ゚听)ξ「無駄にテンションあげないでようっさいわね」

(´<_` )「……とりあえず、この街にある全ての線路を爆破しましょうか」

('、`*川「つまりダイナマイトが必要だねってなんでやねん!」

(´<_` )「半端なノリツッコミやめてください」

('、`*川「せめて石を置く、ぐらいにしときなよー」

(´<_` )「事は緊急なんですよ! 地球と線路、どっちが大事です!?」

('、`*川「なんか、私の頭の中でハハージャとやらのイメージがバルタン星人になってるけど、いいのかな?」

(´<_` )「むしろスペースゴジラですね」

6 名前:愛のVIP戦士[sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:53:09.66 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「……二つめ」

('、`*川「テンションがた落ちだね」

(´<_` )「ブーンを捕まえるしか」

('、`*川「ブーン?」

(´<_` )「かくじか」

('、`*川「つまりアニージャは地球を征服するためにやってきた宇宙人で、
     ロッキーの家に不法侵入したわけか」

(´<_` )「混ざってる混ざってる」

('、`*川「……で、そのブーンってのが元凶ってわけか」

(´<_` )「と、いうよりはハインリッヒなる奇妙な奴が黒幕」

('、`*川「そういえば、さっき言いかけた用事なんだけどね」

(´<_` )「そんなことはどうでもいい」

('、`*川「そう?」

7 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:54:37.11 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「とりあえず、裏組織の知り合いとかいます?」

('、`*川「そんなもん、とりあえずのレベルで存在するもんじゃないよ」

(´<_` )「まずはギコさんとか……とりあえず全勢力を結集させるべきですね」

('、`*川「そういえば、RPGって時々戦わない仲間がいるけどなんで?」

(´<_` )「処理能力及び戦闘におけるバランス調整のため」

('、`*川「そんなインテリな答えはきいてないー」

(´<_` )「……ううん、あとは対戦者用ミサイルと、ポップコーン」

('、`*川「ポップコーン?」

(´<_` )「罠用です。対象の生命体はポップコーンが大好物である」

('、`*川「……」

8 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:55:18.59 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「とにかく、四六時中に準備を整えなければならない……!」

('、`*川「っていうか、ブーンってのを探せば良いだけじゃないの?」

(´<_` )「そりゃそうなんですけど、さっき手放したばっかりなんだよね。
       わかる? 例えれば死んだはずの仲間が実は生きてたーみたいな。
       『ヘイジョニー、俺を忘れてもらっちゃ困るぜ?』って感じで」

('、`*川「もちろんだぜマドモワゼル、僕がキミを忘れるはずないだろう? って感じか」

(´<_` )「それは違う」

('、`*川「えー」

9 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:55:58.11 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「そもそも、ハインとか言う輩が勝手なことしなければよかったわけで」

('、`*川「あの、そのことなんだけどね」

(´<_` )「あーあ、つーかまず兄者を冷蔵庫で見つけるからこんなことに.
       あそこで放置していればここまで悩まずに済んだんだ」

('、`*川「でも、いなくなったと知ったらハハージャが余計に怒るんじゃない?」

(´<_` )「中途半端に居るほうがよっぽど厳しい」

('、`*川「そんなもん?」

(´<_` )「例えるなら、マナだけみたいな」

('、`*川「でさあ、そろそろ喋ってもいいかな?」

(´<_` )「何を」

('、`*川「さっきから人、待たせてるのね、玄関先に」

(´<_` )「フーン」

('、`*川「ハインって名乗ってた」

(´<_` )「……うん」

('、`*川「停止してるでしょ、思考」

10 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:56:35.95 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「なんでもっと早く言わないの?
      もう死ねよお前。精神的に向上とかどうでもいいから死ねよ」

('、`*川「ワタシ、ワルクアリマセン」

(´<_` )「……ブーンの話によると、奴は外見幼女、中身還暦らしい」

('、`*川「漫画とかに出てきそうだね」

(´<_` )「つまり、捕獲は容易だということだ」

('、`*川「何を考えているかな?」

(´<_` )「SMの経験は?」

('、`*川「二十二回ぐらいかな」

(´<_` )「亀甲縛りは?」

('、`*川「準二級」

(´<_` )「よし……クロロホルムはあるか?」

('、`*川「家にはある」

(´<_` )「常備しとけよ」

('、`*川「っていうか、さっきから会話全体がおかしくない?」

(´<_` )「おかしくない」

11 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:57:23.50 ID:NBVACXnA0
プレイルームとでも呼ぶべき部屋から縄を数種持ってくる。
それをペニサスに持たせ、弟者は玄関へ。

('、`*川「マジメで、どちらかというと静かな人でした……いや、
     怒ると手が付けられなくなる、のほうがいいかな?」

(´<_` )「『もしも弟者が逮捕され、インタビューを受ける立場となった場合のシュミレーションその1』
       みたいなことはしなくていい」

('、`*川「えへっ」

(´<_` )「黙れ三十路」

('、`*川「まだ五年以上も猶予があるわい」

(´<_` )「さて、行こうか」

扉の前。
緊張の糸が張り詰めて。

一気に押し開く。

そこにいた誰かの口をふさいで、家の中へ押し込む。
拉致。比喩的な意味ではなく。

(´<_` )「縛れ!」

('、`*川「ラジャ!」

12 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:58:03.19 ID:NBVACXnA0
ξ゚听)ξ「……」

ツンがひいている。
兄者は、禍々しい雰囲気に飲まれて泣いている。

(´<_` )「……よし」

('、`*川「ところで、この子であってるの?」

川д川「ンーーーーーーーー!!!」

口を塞がれた女がうめきを漏らす。

(´<_` )「違う気がするな、どうにも」

('、`*川「なんか、どっちかっていうとロッキーっぽいよね」

(´<_` )「とりあえず、テープを剥がしましょうか」

川д川「……ぷはっ……し、死ぬかと思いましたよぉ」

('、`*川「設定上死んでるんじゃないの?」

(´<_` )「……」

弟者、無言でロッキーの頭に平手を落とす。

川д川「いだ! な、なんでなんで!?」

13 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:58:47.70 ID:NBVACXnA0
川д川「……はぁ、そんな事情ですか」

経過を聞いたロッキーは一瞬納得。
しかし、直後反転。

川д川「って、私は元に戻してもらいたいですよう!」

('、`*川「テレビに入れるんだからいいじゃない」

川д川「思い出の価値はプライスレス!」

(´<_` )「それはもしかしたら、とんでもなく劣悪な記憶かも知れない。
       例えば、休み無しで働かされる土木作業員……
       例えば、全英オープンに全裸で突入するナウなイタリア人……」

川д川「そんなに年老いてないです!」

ξ゚听)ξ「……今は、そんなこと話してる場合じゃないでしょ」

(´<_` )「そうだぞロッキー」

('、`*川「幼女にたしなめられるなんて」

川д川「どうでもいいですから、さっさと縄をほどいてください……」

14 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 21:59:19.74 ID:NBVACXnA0
川д川「そういえば、見ましたよ」

('、`*川「誰を?」

川д川「それっぽい人です。 ここに来る途中で」

(´<_` )「……追うか」

('、`*川「じゃあ、いったん家に帰ってクロロホルム持ってくる」

(´<_` )「はーい、役割分担しまーす。
       アホサスは家に帰ってクロロホルムの準備。ツンと兄者は俺についてくる」

ξ゚听)ξ「私も?」

(´<_` )「興味は?」

ξ゚听)ξ「あるけど」

(´<_` )「あと、ロッキーは留守番」

川д川「え……」

(´<_` )「留守中にプーチン大統領みたいな暗殺者が訪れるかも知れない」

川д川「そ、そういうときは……?」

(´<_` )「いち早く殺されるべき」

川д川「ふえ……」

15 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:00:08.71 ID:NBVACXnA0
(´<_` )「それじゃあ行こうか」

('、`*川「いざ鎌倉」

川д川「あの、ちょっ(´<_` )「節電のため、消灯しまーす」

川д川「いや、あの、すみません、私暗いところなかなか苦手なんで……」

パチッ

川д川「いやああああ! く、暗い! 暗いぞ!
    少佐、何をやっているぅ!?
    マズい、さあ、そこにあるAK74を拾え! 敵歩兵はすぐそこまで来ているぞ!」

パチッ

川д川「あ、ついた」

('、`*川「なんなの、今の人格」

川д川「え、なんのことですか?」

(´<_` )「まぁどうでもいい。行こう」

パチッ

川д川「メディイイイイイイイイイイイイイイイック!!」

16 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:00:50.50 ID:NBVACXnA0
そんな感じで。
弟者を先頭に四名。
ネオンの光溢れる宵闇の街へ繰り出す。
途中アホサスと別れて、一行は三人に。

(´<_` )「やはり手分けして探すべきか」

ξ゚听)ξ「いや、大丈夫。全知全能を舐めちゃダメよ」

(´<_` )「ああ、そういえば」

ξ゚听)ξ「……うん、(12,38,7x)にいる」

(´<_` )「座標でいわれても」

ξ゚听)ξ「すぐそこのゲイバーね」

(´<_` )「ゲイバーとな。つーか、もっと早い段階で言えよ」

ξ゚听)ξ「ペニサス姉ちゃんに知られたら災難じゃない」

(´<_` )「ふん……」

ツンの案内でゲイバーへ。

(´<_` )「お、あれか」

やがてそれらしい看板を発見する。

17 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:01:28.25 ID:NBVACXnA0
( ,,゚Д゚)「いらっしゃいまら〜ん?」

(´<_` )「やあ、マスター。久しぶり。
       とりあえず、水割りをもらえるかな」

(-_-)「ちょっとギーたん、その子は?」

同僚らしき男が数人、わらわら近寄ってくる。

<ヽ`∀´>「あらん、けっこうイケメンニダよん」

J( 'ー`)し「早々に目を付けたの? 相変わらず早いわね」

( <●><●>)「将来性が高いのはわかってるわ」

( ,,゚Д゚)「違うわよ……で、なんでここに?
      しかも、アニージャたちまで……」

(´<_` )「いろいろ理由がありまして」

意外と清潔そうな内装。
規模は……ゲイバーとしてはそれなり、といったところか。
古びた照明が眼に突き刺さる。
客が四人程度……その中に。

「チョト、ミーのカーチャンを奪わないでくれRU!?」

奴がいた。

18 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:02:28.47 ID:NBVACXnA0
ξ゚听)ξ「カーチャン?」

J( 'ー`)し「あちきのことよん♪」

( <●><●>)「カレ、お客からカーチャン、なんて慕われてるのはわかってるわ」

从 ゚∀从「ガッデムだYO! ミーのカーチャ……あ」

(´<_` )「お前……ハインだな!」

弟者が内藤剛志みたいなアクションで飛びかかる。

从 ゚∀从「NO! NO! ジャポニカ人乱暴NE!」

ゲイバーはたちまち阿鼻叫喚の境地。

( ,,゚Д゚)「やめてオトージャ! 常連なのよ!」

(´<_` )「そんな呑気なことを言っててどうするんだ!
       こいつを放置しておけば、いつしか地球は滅ぶぞ!」

( ,,゚Д゚)「ダメダメなの!」

从 ゚∀从「ちょ、わかったYO! ユーたちの言いたいことはわかってる! YO!」

いつのまにか他のお客がいなくなっていた。
逃げたらしい。

19 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:02:59.59 ID:NBVACXnA0
場を整理。
弟者はとりあえず落ち着いて……しかしハインを逃がさないよう監視しながら……椅子に座る。

周りには五人のゲイ。
そしてツンと兄者。

从 ゚∀从「……つまり、兄者クンのことNE!?」

( ,,゚Д゚)「トイレ行ってくるわ」

J( 'ー`)し「生きて帰ってくるのよん」

(´<_` )「御託はいいから、とりあえず兄者を元に戻してください」

从 ゚∀从「ホワイ?」

(´<_` )「事情が変わったんです」

从 ゚∀从「ふん……ま、元に戻すの、そこそこ簡単ですよ?」

懐から錠剤を一つ、取り出す。
そして、置いてある、酒の入ったグラスに投入。
泡を出して溶ける錠剤。

从 ゚∀从「これ飲めば元に戻るネ」

20 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:03:30.26 ID:NBVACXnA0
( ,,゚Д゚)「ぶるわああああああああああああああああああ」

从 ゚∀从「OH?」

( ,,゚Д゚)「オトージャ! つまりハイリンが黒幕なの!?」

(´<_` )「ああ、はい」

( ,,゚Д゚)「ぶるわ、ぶるわ、ぶるわああああああああああああああああああああ」

ξ゚听)ξ「エンジンみたい」

从 ゚∀从「ハハ、ジャポニカ人おもろいね」

(´<_` )「そういえば、さっきアホサスと一緒に家に来たらしいが」

从 ゚∀从「オウオウオウオウ、 ソレハネ、謝罪とばいしょーしよーかと。
     でもなんか放置PLAYされたから絶頂しつつここに来たのYO!」

ξ゚听)ξ「……」

耳をふさぐツン。

( ,,゚Д゚)「冗談じゃない……ああ、まったく冗談じゃない」

从 ゚∀从「謝るYO! でも、こうやれば全部丸くおさまるよNE?」

ロッキーのこと。ブーンのこと。懸案事項はいくつもある。

(´<_` )(ま、いいか)

21 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:04:07.78 ID:NBVACXnA0
( ,,゚Д゚)「ああ、もう、やんなっちゃう!
      そもそもアニージャは冷蔵庫に放置されてたのよ!?」

从 ゚∀从「ああすれば誰かが拾ってくれるオモタ。
     案の定弟が拾ったワロタ」

(´<_` )「もういいよ、何もかも」

( ,,゚Д゚)「よくないわYO!」

口調が感染したギコ。
グラスを取り上げる。

从 ゚∀从「あ、それ」

( ,,゚Д゚)「酒と泪と男と男ぉぉぉぉぉあぁあああああ!!」

飲み干した。

(´<_` )「……」

从 ゚∀从「……あれ、最後の一錠YO?」

直後、ギコの身体に変化が。

22 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:04:51.20 ID:NBVACXnA0
( ,,゚Д゚)「おおう!?」

(-_-)「どうしたの!? ギーたん!?」

( ,,゚Д゚)「か、身体が燃えるようだわ……!」

似つかわしい効果音。
それはドクンドクン。

从 ゚∀从「あーあ、知らないYO?」

(´<_` )「……これ、どうなるんだ?」

从 ゚∀从「言うのフォゲットしてたNE!
     元に戻るっていうより、兄者になるっていうのが正しいWA!」

( ,,゚Д゚)「うああああああああああああああああああああああああああ」

それは。
まるでコナンのように。

23 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:05:25.10 ID:NBVACXnA0
( ,,゚Д゚)→( ,, Д )→(  _ゝ )→( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「……ん?」

( ´_ゝ`)「だー?」

( ´_ゝ`)「こ、この身体は……! 俺は再生したのか! この装備は……まさに神の証!」

( ´_ゝ`)「おにーちゃんかっこいいね!」

( ´_ゝ`)「それはそうだろう……!」

ξ゚听)ξ「ややこしいわね」

(´<_` )「つーか装備じゃなく、ただのチャイナドレス……」

・・・

・・



第十三話 おしまい

次回 怒濤の最終話。

24 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:05:57.61 ID:NBVACXnA0
登場人物紹介その1

(´< _` ) 弟者 15

( ´_ゝ`) 兄者 2

( ,,゚Д゚) ギコ 49→( ´_ゝ`)

(*゚ー゚) しぃ 25

(*゚∀゚) つー 25

('、`*川 アホサス 24

川 ゚ -゚) クー 24

(*‘ω‘ *)→/ ・ω・ヽ ぽ ??

( ><)→(Д゚) ベンツ ??

川д川 ロッキー 15

ξ゚听)ξ ツン 7 

( ^ω^) ブーン 17

('A`) ドクオ 29

从 ゚∀从 ハインリッヒ ??

27 名前: ◆xh7i0CWaMo [sage] 投稿日:2007/03/01(木) 22:06:28.04 ID:NBVACXnA0
登場人物紹介その2

<ヽ`∀´> ニダー ゲイ

(-_-) ヒッキー ゲイ

J( 'ー`)し カーチャン ゲイ

( <●><●>) わかってます ゲイ



  ←戻る ↑home