×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


631 名前:1/2[sage] 投稿日:2007/02/15(水) 00:13:44.25 ID:V0kOo3wOO
( ^ω^)「・・・これだおっ!」

気合いと共に一枚のカードを選ぶ。
出てきた絵柄は、杖に絡み付くヘビ。

(;^ω^)「あちゃー、ヘビの絵かお」

思わず呟いてしまう。
治癒の象徴であるヘビ。
この絵柄を取った者は、今年一年白魔法を学ぶ事になる。

確かに将来性などから、白魔法は人気がある。

――だが。

(;'A`)「・・・お前、またヘビかよ」

( ;ω;)「・・・おっおっ・・・」

さすがに三年間連続と言うのはどうだろう。
専門性より万能性が売れるこの時代。
一つを極める時代は、とうに過ぎ去った。

634 名前:2/2[sage] 投稿日:2007/02/15(水) 00:16:04.65 ID:V0kOo3wOO
( ^ω^)「ドクオはなんだったお?」

コイツも去年と同じクラスを選べばいい。
そう思っていた時期が、無論僕にもありました。

・・・が、彼の返答は

('A`)「あぁ。錬金術だわ」

僕の殺意を沸き上がらせた。
錬金術と言えば超ウハウハな術。
一年学べば何からナニまで作り放題。




――それからの事はよく覚えていない。

ただ、この二年間ずっと学んだ白魔術は実用出来る事が証明された。




檻の外には強い風が吹いていた。
春一番だろうか。二番だろうか。


そのうち僕は、考える事を止めた。



  ←戻る ↑home