×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


422 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/13(火) 14:47:32.16 ID:kSalp/3eO
( ⌒ω⌒)…僕の事覚えてる?

('A`)…えーとブー…

ξ゚听)ξ待って。ちょっと違うわよ

(´・ω・`)似てるけど…違う…

川 ゚ -゚)ん、内臓だな

名前怖い

593 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/13(火) 23:22:52.11 ID:kSalp/3eO
下校時
( ^ω^)「ツンツン、明日はなんの日だお?」

ξ゚听)ξ「チョコならあげないわよ?」


(;^ω^)「ツ〜ン…そんな殺生な…」

ξ゚听)ξ「はやとちりしてんじゃないわよバカ」

( ;ω;)「!!…ひ、ひどし!」

その瞬間
僕はひどく傷付いたんだ。
するとツンは呆れ顔で言った。

ξ;゚听)ξ「だからはやとちりしないでってば…」

( うω^゚)「?」

ξ゚听)ξ「あんた『以外』には」

ξ*゚ー゚)ξ「チョコはあげないって意味よ」
僕はツンの中のデレを見た。

バレンタイン支援くそくらえ

605 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/13(火) 23:37:16.09 ID:kSalp/3eO
>>596
ξ゚听)ξ「ドクオはクーねぇにねだればいいじゃない?」

川 ゚ -゚)「ん…いやらしくねだればあげないこともないぞ」

(;'A`)「…いやらしくってなんだよ…」

相変わらずクーは変人だ。俺はこの人のどこに惚れてるのだろうか…

ξ;゚听)ξ「いやらしくって何よ、クーねぇ?」

ツンとクーは姉妹じゃないが、ツンはクーの事を姉の様に慕っている。
「クーねぇ」と呼ぶのはツンだけだ。
…まあ妙に大人びてるクーだからそう呼ばれてもしっくりくる。

川 ゚ -゚)「ツンが見本を見せてやればいいだろう?ほれ」

そう言うとクーはツンのスカートの中に手を伸ばし

疲れた



  ←戻る ↑home