×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


ブーンはお国のために戦うようです。


623 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/11(日) 09:02:20.49 ID:Aw+xpgFLO
焼け焦げた家々 積み上げられた死骸


散らばる肉片 周囲に広がる 血と肉の焼けた匂い

( ^ω^)「…………


自分達が来るまで、町だったはずのその場所は、今は肉片を貪る
カラスの餌場となっていた。


( ^ω^)「…もう、何も感じないお 」

少し前までは、血を見るだけでパニックになった。

死体を見るたびに吐き気を感じ、胃の中の物を逆流させた。

初めて人を殺した時は、罪悪感で胸が一杯になった。

だが今は……


624 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/11(日) 09:07:39.38 ID:Aw+xpgFLO
たとえ返り血を浴びたとしても、平常心を保つことができる。
死体は通行の邪魔だったら平気で踏み潰す。

戦場で自分と違う服をした物は躊躇なく撃ち殺す。
もはや他人の死に対し、なにも感じることができなくなってきた。

上官の命令に従い、いわれるがままに戦地で人を殺める。
ためらえば死ぬんだ。

自分が
( ^ω^)「…僕は殺人鬼だお 」

( ^ω^)「この町の人達だって、僕達が襲ったりしなかったら平和に暮らしていたはずだお 」

( ^ω^)「ごめんなさいだお 」
彼は死体の積み上げられた山に、深々と頭を下げた
こうすることで彼等を殺した罪悪感が、少し自分の心から消えるのだ。

それは明らかに自己満足だったが彼の心には、この儀式は必要だった。
だがいずれこの儀式も必要なくなるだろう。
戦場で人を殺していくうちに
心も体も殺人に慣れ
罪悪感など感じることもなく、ただの殺戮マシーンになりさがるだろう。

だが今の彼は、まだ罪の意識も存在する
一人の人間だった。
ブーンはお国のために戦うようです。



  ←戻る ↑home