×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


174 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:08:56.70 ID:P/QtBpB60
タイトル未定

へんぴな村に、平凡な少年がいた。

( ^ω^)「僕は内藤ホライゾン。ブーンと呼ばれているお」

/ ,' 3「ブーンよ、ちょっと森で水をくんできてくれんか?」

( ^ω^)「わかったおじーちゃん」


176 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:09:48.15 ID:P/QtBpB60
( ^ω^)「あれ?川に水が無いお」

( ,,゚Д゚)「やっと見つけたぜ」

( ^ω^)「こんにちは。えっと、誰ですか?」


↑ ̄( ,,゚Д゚)●−−0−-「くらえ!灼熱のヒカリビーム!」


( ^ω^)「うわぁかすったところの服がこげた!」

( ,,゚Д゚)「くくく、さすが勇者の息子といったところか」

( ^ω^)「く、よくわからないけど危ない人だお。逃げるお」

========( ^ω^)======つブーン

( ,,゚Д゚)「逃げられた。ち、だが貴様に逃げ道は無い」


177 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:10:33.19 ID:P/QtBpB60
( ^ω^)「はぁはぁ、なんとか家まで逃げてきたお」

/ ,' 3「ぐうう・・・ブーン」

( ^ω^)「どうしたんだおじいちゃん!」

/ ,' 3「私はもうだめだ。よく聞け、お前は英雄クレーマンの子孫だ」

( ^ω^)「なんだって!」

/ ,' 3「魔王を倒してくれ。ぐ、死んだ・・・」

( ;ω;)「じいちゃん・・・」

( ,,゚Д゚)「ふ、遅かったな」

( ^ω^)「おまえは!?」

179 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:11:49.24 ID:P/QtBpB60

( ,,゚Д゚)「オレは魔王の手先のギコだ。ビーム!!」

( ^ω^)「うわぁぁ!」

ξ゚听)ξーVVVVV「斧ガード!」


( ^ω^)「助かった。ありがとう」


180 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:12:52.48 ID:P/QtBpB60

( ,,゚Д゚)「なんだ貴女は?」

ξ゚听)ξーV「悪いけどこの男を殺させるわけにはいかないわ」

( ,,゚Д゚)「貴様も英雄の一人ということか」

( ^ω^)「英雄?」

ξ゚听)ξーV「話は後よ。振り下ろし!」

ll (ヒューン)
ξ゚听)ξーV

( ,,゚Д゚)「ぐうぅやるな! だが力なら負けん」

ξ゚听)ξーV「これならどう? 潜在能力解放!」

( ,,゚Д゚)「ぐあああ!眼がつぶれた。くそ、覚えていろ」

ギコは窓から逃げていった。


183 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:13:22.68 ID:P/QtBpB60

( ^ω^)「助けてくれてありがとう。ところで君は?」

ξ゚听)ξーV「私はツン。英雄の子孫の一人よ。この武器は伝説のゼットアックスよ」

( ^ω^)「そうか。僕はこれから魔王を倒しに行くお。一緒に来ないかお?」

ξ゚听)ξ「ふん。元からそのつもりよ」

( ^ω^)「ありがとう。よし、行くお!」


185 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/02/01(木) 22:15:42.13 ID:P/QtBpB60
こうして僕達は世界を救う旅にでた。
英雄としての冒険はいまはじまったのだ。


( ∵) 「ばかめ。この魔王に利用されてるとも知らずに。ふふふ」

第一話 「英雄ブーン現る」 終わり

※今週出た技

ll
ξ゚听)ξーV 振り下ろし ゼットアックスで打ち下ろす。とても重いが隙が多い


↑ ̄( ,,゚Д゚)●−−0−-炎 灼熱ビーム なぞのちからを使って太陽光線を放つ。2000億度に達する



  ←戻る ↑home