×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


恋は盲目



52 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/29(月) 19:21:12.39 ID:u7006o94O
そぉい!

・恋は盲目

彼を虜にしてやろうと思った。わたしが彼の虜なように。

けれど、時すでに遅し。彼はもう、他の子に夢中だったのだ。

さらさらとした髪で笑う、とても綺麗な子で。
わたしは、勝ち目がない。と思った。

だからわたしは、奇跡を探したのだ。

そして見つけた。
同じ教室の片隅に、魔法の使い手を。

休日には、趣味で所謂黒魔術の類に
手を出しているという男の子を。

58 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/29(月) 19:23:48.86 ID:u7006o94O
(*゚ー゚)「唐突ですが。ショボンくん。」

藁にもすがるわたし。悪魔には魂を。

(*゚ー゚)「ショボンくんは、あいの薬を持ってはいませんか?」

ショボンは笑った、のだろうか。わからない。

(´・ω・`)「どんな?」

ショボンは案外、サドなのかもしれない。
そしてわたしは、マゾなのかもしれない。

(*゚ー゚)「ええと、たとえば、使った者が、虜になってしまうような」

ややあって。

(´・ω・`)「持ってるよ」

こともなげに。


60 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/29(月) 19:25:56.37 ID:u7006o94O
「暖かくなってきて、もうそういう季節だもんね。
常備しているよ。使えばきっと、これに夢中になる。
すごい効き目さ」

すごい。

「それ、頂けませんか?」

「なんで?」

まるでフランス貴族の顔。かの、マルキ・ド・サド。

「…内藤くん、に」

「ブーンに?」

「はい」

「ふぅん。
君はあいつをよく見ているんだなぁ。
あいつは気付いてないよ、きっと」

それはそうだ、気づかれたら、困る。

「だから」

「うぅん、これは気に入ってるんだけどなぁ。
わかったよ。じゃあしぃさんから、これをブーンに渡してくれ」

63 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/29(月) 19:27:47.87 ID:u7006o94O
そうしてショボンは、手提げ袋から緑のアンプル容器を取り出し、
わたしの掌に。

ありがとう。

(´・ω・`)「うぅん、しかしなんで君がわざわざ?
君は…もしかすると、ブーンが好きなのかい?」

なぜ、それを今更。
最初の時点で気づくだろう。普通

(´・ω・`)「まぁいいや。
しかしやっぱりすごい観察力だ。
内藤が花粉症だと、どうしてわかったんだい?」

わたしははっとした。
わたしの掌。
その中には。

目薬。

あいの、くすり。

ああ、くだらない。くだらない。

そしてショボンは、にやりと笑った。





  ←戻る ↑home