×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


('A`)と川 ゚ -゚) が約束するそうです



639 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/25(木) 23:53:48.32 ID:QqYy4nv7O

「('A`)と川 ゚ -゚) が約束するそうです」

卒業試験が終わり、授業が半日枠となった。
午後一時を回った教室に、たった二人を除いて生徒の姿はない。

川 ゚ -゚) 「気違い雨だな」

クーが呟いた。
ドクオは、丁度書き終えたばかりの学級日誌を閉じて窓の外を見る。

('A`)「ああ──」

重く厚い雲の切れ間から、ほぼ金色に近い陽射しが下りていて
所々鮮やかな青が零れる中を、大粒の雨が降っていた。

('A`)「変な天気だな」

川 ゚ -゚) 「傘は?」

('A`)「いらないでしょ」

640 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/25(木) 23:56:13.64 ID:QqYy4nv7O
「('A`)と川 ゚ -゚) が(ry」


同時に立ち上がる。
日誌を職員室前の籠に放り込んで、階段を降りた。

川 ゚ -゚) 「もう高校は決めたのか」

薄暗い玄関口で、上履きをスニーカーに履き替えながら、クーが云う。
ドクオは靴の爪先で床を叩いて、決めたと返す。

川 ゚ -゚) 「私とは違う所?」

('A`)「ん。違う所」

川 ゚ -゚) 「ドクオ、頭悪いものな」

('A`)「スポーツも出来ねぇし」

川 ゚ -゚) 「自分で言うなよ」

戸を押し開けると、途端に雨音が大きくなる。

川; ゚-゚)「──本当に、傘いらないのか?」

('A`)「春雨だ。濡れて行こうぜ」

川 ゚ -゚) 「…冬だよ」

クーは云って、空を見上げた。

646 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/26(金) 00:08:46.14 ID:sdpoZS/vO
すまんかったorz

一歩踏み出す。
紺色の学生服の生地は、数十秒で水を弾くのを止める。

川 ゚ -゚)「冷たい」

クーが笑った。
水に濡れた髪が、白い肌に張り付いて
綺麗な横顔だ。とても。

(*'A`)「夏服だったら、
膚が透けたりとか、するのにな」

川 ゚ -゚)「冬服で良かったよ」

クーは、呆れた風に肩を竦める。
ドクオは少し笑って、俯いた。
水たまりを蹴る。飛沫が、クーの足に届く。

川 ゚ -゚)「──なぁ、ドクオ」

クーが立ち止まる。

('A`)「…ん?」

川 ゚ -゚)「高校に入っても…
今みたいに、毎日会えなくても」

呟くように言って、黙る。

647 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/26(金) 00:12:18.07 ID:sdpoZS/vO
頼りない薄い肩。
長いまつげが、赤い唇が、震えていた。
やっぱり綺麗だ。
ドクオは、氷みたいに冷たく華奢な、クーの掌を握った。

('A`)「──大丈夫だ」

笑う。

('A`)「春になっても、夏になっても
秋にも、冬にも、ずっと」

クーを抱きしめた。

('A`)「色んなとこに行こうな。
色んな話しをしような」

クーの腕が、縋るようにドクオの背に回る。

川 ;-;)「──約束だ」

抱き合ったまま、雨音に誓った。

完。
ありえん間違いをしてた。修業して来るわ




  ←戻る ↑home