×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


( ^ω^)のクリーニング屋


486 名前:閉鎖まであと 1日と 3時間[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:39:18.45 ID:k33NIrQJ0
やべ、お題もらったけど入れるの忘れてたわ。
でもせっかく書いたから投下させてもらうね

487 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:41:00.33 ID:k33NIrQJ0
お題
クリーニング屋(脳内補完)
親子愛(脳内補完)
クリーニングとは(脳内補完)


投下します

488 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:42:41.31 ID:k33NIrQJ0

( ^ω^)「ありがとうございましたお。またのご来店をお待ちしてますお」

既に背中を向けて、全く聞いていない客に対してもそう笑顔で声を掛ける。

その客が店から出て行ったのを見届けると、背後から物音がした。

J( 'ー`)し「…ふわぁあ…あんたちゃんと働いてる?」

( ^ω^)「…カーチャン、また寝坊かお…」

その言葉には答えず、無言で内藤を一瞥すると母親はまた奥に引っ込んだ。

大方、居間でテレビでも見るんだろう。

内藤はいつも通りそう思ったが、別に何も言わなかった。

「こんにちわ」

不意に声を掛けられる。

( ^ω^)「おっ!いらっしゃいませですお」

「これのクリーニングお願いしたいんですけど…」

( ^ω^)「分かりましたお。どんな……」

ここ数年と変わらない一日が、今日も過ぎようとしていた。



489 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:44:17.00 ID:k33NIrQJ0

( ^ω^)「…今日も疲れたお…」

古ぼけたエプロンをカウンターに放り投げ、そう呟く。

このエプロンは医者の不養生ならぬ、クリーニング屋の不衛生である事に彼は全く気付いていない。

靴を脱ぎ、戸を開けるとそこが彼、そして母親の家だ。

( ^ω^)「……」

居間にはごろんと母親が寝転がっていた。

まさにマグロを思わせるような、そんな体型だった。

寝ている時に身体がビクンとなる癖もあるので、差し詰め陸揚げされたマグロといったところだろうか。

J( 'ー`)し「……」

( ^ω^)「…カーチャン起きてお、夕食の時間だお」

少し遠慮がちに、そう声を掛けながら母親の身体を揺する。

何度か繰り返すが、一向に起きる気配は見受けられなかった。

490 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:45:37.82 ID:k33NIrQJ0

( ^ω^)「…起きてお、起きてお。お腹すいたお」

六度目か、七度目か、続けたときに内藤はふと気付いた。

( ^ω^)「………カーチャン…?」

J( 'ー`)し「……」

そっと口元に手をあてがってみる。

( ^ω^)「……」

しかしその手に風圧は感じられなかった。

( ^ω^)「……カーチャン…?…」

動揺する心を抑えて、周りを見渡してみる。

ポテチの袋に、明治のチョコ、その横には見慣れた箱が置いてあった。

( ^ω^)「ペロ……!これはクリーニングの業務用洗剤!」

信じられない思いを抱きつつ、母親の手首で脈をとってみる。

( ^ω^)「……死んでる……お…」


491 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:47:02.57 ID:k33NIrQJ0

嘘だと思いたかった。

信じたくなかった。

しかし、現実は確かにそこに存在していた。

( ^ω^)「…そんなことが…」

膝に力を入れ立ち上がり、それを見下ろす。

それとは、先ほどまで母親だったもの。

だが今は、母親でもなくマグロでもなく、ただの亡骸。

( ^ω^)「……」

死因はおそらく、この業務用洗剤をお菓子類と間違え食してしまったことだろう。

クリーニング業者として恥ずべき、初歩的ミスである。

いや、人間としても十分恥ずべき行為に当たるだろう。

マグロでも同じだ。

( ^ω^)「……なんてことだお…お?」

視線を落とした先に、何かを見つけた。

493 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:47:51.28 ID:k33NIrQJ0

( ^ω^)「…これは…?」

紙に文字が綴られていた。

唯四文字。



「  せ  ん  ざ       い   」



最期の「い」の文字は今にも消えてしまいそうな字だった。

おそらく息子の顔を思い浮かべながら、最期の力を振り絞って書き残したのだろう。

( ^ω^)「……カーチャン」

その紙を無造作に投げ捨て、床に腰を下ろした。

( ^ω^)「……」

頭の中はなぜか感傷に浸っていた。

思い出すのは、ここ数年での暮らし。

494 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:49:18.72 ID:k33NIrQJ0

父親が死んで、実家のクリーニング屋を継がなくてはならなくなった時は心底落ち込んだ。

何が楽しくて、他人の衣類を洗わなくてはならないのか。

はじめはそればかり考えていた。

安い金額で、奉仕させられる毎日。

少しでも悪いところがあれば苦情がきた。

何度、難癖をつけられたか。

辞めようと思ったことは一度や二度ではない。

それでも続けていくうちにやりがいを感じるようになった。

ありがとう、と言ってくれる常連客も出来たし、業務にも慣れた。

クリーニングすることの喜びを見つける事が出来た。

( ^ω^)「……」

タイムスリップした頭を現実に戻し、横たわるそれを見やる。


495 名前:( ^ω^)のクリーニング屋[] 投稿日:2007/01/22(月) 17:50:39.05 ID:k33NIrQJ0

( ^ω^)「……」

そして立ち上がると、それを背中に担ぎ仕事場へ移動した。

( ^ω^)「……カーチャン…」

目の前にあるのは大きな洗濯機。

内藤は背中のそれをその中に放り込んだ。

( ^ω^)「……今までありがとうだお。…綺麗にしてあげるお」

スイッチを押し、洗濯機が音を立てて回る。その回転に母親の身体もグルグルとつられて回った。

時折、ガン、と身体がぶつかる音がし、母親の綺麗だった身体も顔も血だらけになっていった。

( ^ω^)「……綺麗だお、カーチャン」

そう言って、中を覗き込む。

内藤には心なしか、母親の血だらけの顔が笑っているように見えた。

洗濯機は回転を止めない。

グルグルと。グルグルと。

脱水を待ちわびるように……

                    ( ^ω^)のクリーニング屋  おわり


  ←戻る ↑home