×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


( ^ω^)ブーンがオナニーするようです


540 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:34:05.81 ID:gcq+uLiGO
投下するんだぜ?
タイトルは後ほど…


見渡すばかりの黒、黒、黒。
私は、闇となっていた。

いつからこうだったかはわからない。

ただ、特に違和感などはなかったので、
私は闇の中をゆるゆると泳いだ。
暖かかった。

或いは、ここは母の胎内やもしれぬ。
それとも、死後か。

暫くすると、辺りに私と同じようなのが幾らもいることに気付いた。
眼で見えるわけではない。ただ、ぞろり、ぞろりと。
蠢く。

541 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:35:35.87 ID:gcq+uLiGO
私は、そのうちのひとつに話しかけてみることにした。

「やあ」

「あら」

気の抜けた声である。そして高く、細い。

「あなたは、ここがどこだか知っていますか?」

「わからないわよぉ」

さわさわと、闇がそよぐ。笑ったのかもしれない。

「それじゃ、私は誰なんでしょうか。
私にはわかりません」

「変な方。それは、あたしも」

当たり前か。


542 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:37:14.55 ID:gcq+uLiGO
「けどねぇ。なんだかあたし、生きた心地がしないの。
だから、あたし死んでるのかも。もしかしたら、あなたも」

「死んでいる?」

「でも、生きてるのかもしれない。だって死んだらそれまでですもの」

死後の世界とはどういうものか。
私は考える。此処かと思っていたが。急に私は不安になった。

「だから、あたしはきっと…。
ううん、あたしたちはきっと、死と生の境にいるんだ。あたしたちはそんな生き物なんだ。
だからこんなに暖かいんだ」

私には、目の前のこれがなにを言ってるのかわからなかった。

そしてこれは、独り言のような、
しかしそれにしては早すぎる口調で言い切ると、
そのまま黙りこんでしまった。

私が何を尋ねてみても、その後口を開きはしなかった。


543 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:40:50.98 ID:gcq+uLiGO
仕方ないので、私はまた闇を泳ぐ。
手探りで、そろり、そろりと。
ぞろり、ぞろり。
蠢く。

また暫くして。

唐突なことだった。
どちらが上か下かもわからぬ闇だが、たしかに震えていた。

そうかと思えば、今度は視界が変わる。

真っ白である。
今度は、冷たい。

544 名前:愛のVIP戦士[] 投稿日:2007/01/31(水) 18:41:48.26 ID:gcq+uLiGO
ここはどこか。
或いは、母の胎内やもしれぬ。
それとも、死後か。
声が聴こえた。

( *ω*)「アアアアアッー…、気持ち良かったお…」

気の抜けた声である。
そして低く、太い。

そうか、此処は。

さようなら、お母様。

私は。


「( ^ω^)ブーンがオナニーするようです」




  ←戻る ↑home