×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

96 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:05:38.11 ID:J2WPSIQd0

 しっかりと大地の感触を確かめつつ、ブーンは長槍を奮っていた。
 すぐ傍らに愛馬を待機させ、自分は待ち人の上官二人が到着するまでの
僅かな時間をも訓練に当てていた。

( ^ω^)「フンッ! ホァッ!!」

 独特の掛け声と同時に、空気の引き裂かれる音があたりに響く。
 それほどブーンの槍捌きは素速く、軽やかだった。

 本来数十斤もあるこの長槍を、まるで玩具のように軽々と振り回す。
 形状はランスというより、矛や戟に近いものだった。

 ブーンは、この武器が好きだった。
 銃と拳と剣。この三つから選べと言われたが、ブーンは槍を選んだのだ。
 理由はたった一つ。憧れの人が、この武器を使っていたから……。

 ブーンのいる地域は周囲をぐるりと山に囲まれた、山中に忽然と現れた平地である。
 高山植物が、草原の中にちらほらと見られ、ブーンは槍術訓練を小休止すると
ゆっくり、花の前に腰を下ろした。

( ^ω^)「今日は隊長のクーさんが用事があるんだってお。何だろうね」

 花に話しかけるようにして、ブーンは深呼吸をした。
 山の麓の市街地では味わえない、完全な自然。清々しい空気。

97 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:05:56.91 ID:J2WPSIQd0

( ^ω^)「この自然を護る為なら、戦えるお」

 今ブーンが所属するVIP国は、北方の山脈を越えた平地に
拠点を構える工業大国ラウンジ帝国の毒牙に蝕まれ始めている。
農村国家であるVIPは、主要な軍隊を持たない。

( ^ω^)「だから、ぼく達がVIPを、この国の自然を護る……それが、」

川 ゚ ー゚)「わたし達、傭兵部隊の役目だからな」

 うわおおッ!? とブーンは奇声を上げて後ろを振り向いた。

(;^ω^)「な、クーさんじゃないですかお。驚かさないでくださいお」

川 ゚ ー゚)「わたしは驚かせてなどいないさ。でも、わたしはキミの決意に驚いたよ」

(*^ω^)「ありがとうございますお」

川 ゚ -゚)「だが、それだけじゃ駄目だ」

(;^ω^)「え?」

 クーは自分が乗ってきた白馬から降り、ゆっくりとブーンの元へ歩みを進めた。
 身に纏っている甲冑が、がっちゃがっちゃと音を立てた。
 ブーンの憧れの人は、とても勇ましかった。

99 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:06:15.13 ID:J2WPSIQd0

川 ゚ -゚)「決意だけでは駄目なんだ。決意は力が伴って初めて効力を発揮する」

 ブーンは何も言わず、クーの背中を見詰めた。
 クーはブーンの二メートルほど前に直立し、北方の霊山を遠望していた。

 あの山の向こうに、ラウンジがある。
 クーさんの生まれ故郷のニュー速も、ラウンジの貪欲さに併呑されている。

(;^ω^)「あの……クー隊長」

 自分を呼び出した理由を伺おうとして、ブーンはおずおずと声を発した。
 頃合いを見計らって、クーがくるりと振り返る。
 風に靡く長髪。その笑顔は素敵だった。

川 ゚ ー゚)「今日はキミをテストしに来た」

 そこまで言われて、ブーンは初めてクーが手に槍を持っていること、
そしてその槍が、クーを伝説の猛将たらしめている槍であることに気が付いた。

 『三分の魔女、クー』。それが彼女に付けられた忌まわしい二つ名だった。
 クーの率いる騎馬隊は、恐ろしいまでに精強だった。

 神出鬼没の騎卒、獅子奮迅の奮戦、勇猛果敢な勇者達。
 そしてそんな鬼の如き部隊を率いる彼女は、いつしか魔女と呼ばれるようになった。

101 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:06:30.56 ID:J2WPSIQd0

川 ゚ ー゚)「恐いのか? ブーン」

 恐くないと言えば嘘になる。
 この人は手など決して抜かない。
 殺すつもりとまでは行かなくても、自分をぶちのめしに来るだろう。

(;^ω^)「こ、恐くないですお」

 虚勢を張れ。どれだけ恐ろしくても虚勢を張るんだ。
 クーに教えられたことを、クーに対して実践している。

 そう、それでいい、とクーが呟いたことにブーンは気付かなかった。

( ´・ω・`)「隊長、真剣での勝負は危険です。これを、お使いください」

 副官であるショボン騎卒長が、竹で出来た薙刀状の槍を差し出した。
 しかし、クーは笑顔でショボンの差し出しを断っていた。
 ブーンは生唾をごくりと飲み込んだ。

 目の前の人は、本気だ。
 クーが自分を見て、にやりと笑ったのがはっきりと解った。
 音もなく、静かに、槍を構えて近づいてくる。

( ´・ω・`)「決闘時間は、……三分ッ!!」

 そして自分とクーとの距離が僅か五メートルほどになったとき。

102 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:06:52.03 ID:J2WPSIQd0

川 ゚ ー゚)「人生最高の三分間にしようッ!!」

 クーが大喝一千、足の裏で大地を蹴り爆発的勢いで
ブーンへと急接近した。

(;^ω^)「くッ!」

 ブーンはクーの戟の先を得物で受け止めた。
 金属と金属の弾けるギィィンという音が鼓膜に響く。

 クーは攻撃の第一派を終えるとすぐにブーンとの間合いを取った。

川 ゚ ー゚)「第一派の防御としては、まあまあかな」

 クーは重い甲冑を身につけている。
 それなのに動きは素速かった。

川 ゚ ー゚)「ああ、この甲冑か。大丈夫、キミの攻撃が当たった時点でわたしの負けだから」

 クーはぐるぐると大戟を頭上で舞わし、ブーンを威嚇した。
 それだけで、空気が振動し山々が胎動しているような威圧感がした。

 自分はこの人に勝てるのだろうか。
 一瞬、そんな弱気が心を覆う。

103 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:07:04.73 ID:J2WPSIQd0

( ^ω^)「勝てるかな、じゃない……」

 ブーンはゆっくりと、腰に槍を構える。
 それはブーンが自力で編み出した、完全に我流の、構え。

川 ゚ ー゚)「ほう、独創的な構えだ」

(#^ω^)「勝つんだおッ!!」

 ブーンは全力でクーに突進する。
 脚で大地を蹴り、一気にクーに詰め寄る。
 だがクーには当たらない。当然予期していたとでも言うように
ひょいとその身を横へと逸らした。

川 ゚ ー゚)「惜しむらくはその荒削りな技。基本的な槍術技能の未熟さ。
     ただキミの槍術は非常に、『カラフル』だ」

(#^ω^)「カラフルッ!?」

 カラフルとは、色彩豊かという意味ではなかったか。
 ブーンは咄嗟に頭の中にある僅かな外語辞書を引き出した。
 しかし当然、薄っぺらな辞書にはその意味しか掲載されていない。

(#^ω^)「どういう意味ですかお!?」

104 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:07:21.53 ID:J2WPSIQd0

川 ゚ ー゚)「知りたいか?」

 ブーンは槍を突き出し続けている。
 だが一度も当たらない。
 まるで予知能力でもあるのか、とブーンに思わせるほど
クーの身のこなしは完璧で鮮やかだった。ブーンの刺突だけが、虚しく空を突く。

川 ゚ ー゚)「知りたければ、このわたしを倒してみろ!!」

 ブーンが最後の一撃を、繰り出す。
 クーはせせら笑いながら、ブーンの渾身の一撃をかわした。
 カウンターでケリを付ける為、クーは戟を振り上げた。

川 ゚ ー゚)「トドメだ!」

(*^ω^)「かかったり、隊長ッ!!」

川 ;゚ -゚)「なッ!?」

 次の瞬間、クーの躰がまるで重力が突然強化されたかのように
地面に向かって倒れ込んだ。クーの脚には、糸が巻き付けられていた。

川 ゚ ー゚)「罠……。そうか、がむしゃらに攻撃をする振りをして……、この策士め!」

( ^ω^)「隊長が魔女なら、ぼくは鬼謀の策士ですおッ!!」

106 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:07:37.18 ID:J2WPSIQd0

 と、次の瞬間、ショボン騎卒長のホイッスルが高らかに鳴らされた。

( ´・ω・`)「ただ今を以て三分と致します。引き分けになります!」

 ブーンは、え、と間の抜けた表情をしたままその場で直立し、
クーは危なかったな、と呟きながら臀部に付いた汚れを払った。

(;^ω^)「ひ、引き分けですかお」

川 ゚ ー゚)「なあに、このわたしから引き分けをもぎ取ったんだ。上出来さ」

 クーはひょいっと、馬に跨り、去りゆく間際ブーンに言った。

川 ゚ ー゚)「カラフルってのは……、そうだな、下品って意味がふさわしいかもな」

(;^ω^)「げ、下品?」

 クーはからからと大笑しながら、ブーンの元に近づいた。

川 ゚ ー゚)「さあ、帰ろう。キミも今日から正式な、素直騎士団の一員だ」

107 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:07:51.68 ID:J2WPSIQd0

('A`;)「注進! 注進ッ!!」

( `・ω・´)「何事だッ!」

 次の瞬間、ブーンは北の方角を振り向いた。
 一人の騎卒が騎馬を駆り疾走してくる。
 馬も男も、長駆してきたらしく随分と息が荒い。

 北方から伝わる、注進すべき事例は一つを除いて他にはない。

川 ゚ -゚)「ラウンジか」

('A`)「はい、ラウンジの先遣隊が境界線を侵犯しています!」

 すぐに行こう。クーがそういうと、若い騎兵校尉は馬首を返すと
一度大仰に拱手するとそのまま北方へと走り去っていった。

( ´・ω・`)「どうやら、三分の魔女がいない間にケリを付けたがっているようですね」

川 ゚ ー゚)「そうだね、でも大丈夫。いまのこっちには、新しく……」

 クーは、ぼんっ、とブーンの背中を叩いた。

川 ゚ ー゚)「鬼謀の策士がいるからなッ!!」

108 名前:( ^ω^)ブーンはカラフルな騎士のようです[] 投稿日:2007/02/04(日) 01:08:05.58 ID:J2WPSIQd0

 ブーン、クー、そしてショボンの三騎が山道を疾駆している。
 この山道を抜ければ、ラウンジと素直騎士団が抗戦している平原に出るはずだ。

 馬蹄の音だけが響いている。

( ´・ω・`)「内藤くん。カラフルの意味だけどね」

 ブーンは、顔をゆっくりと併走するショボンの方へと向けた。

( ´・ω・`)「カラフルには、確かに下品という意味もある。
      でも、生き生きとしているという意味もあるんだ。
      おそらく隊長は、そっちをキミに伝えたかったんだろう。照れくさかったんだろうね」

 隊長は、キミを認めている。心からね。
 と言い残しショボンは少し先を行く、クーの後を追うため加速した。
 ブーンは独り、山道を疾走している。

 ぱっと、視界が開け、目の前を覆う粉塵が目に入った。
 戦闘だ。平原で戦闘が繰り広げられている。
 クーはブーンを見た。ブーンもクーを見詰め返した。
 二人の手には、愛用の得物。

 クーは、ブーンに並列するように指示を出し、粉塵の中心を笑顔で指差し、叫んだ。

川 ゚ ー゚)「人生最高の三分間にしようッ!! 我が友よ!」

 掛けだした三人の足下には、一輪の高山植物が咲いていた。
 のち、独創的な槍術の男が率いる『カラフル騎士団』が歴史の表舞台に現れるが、それはまた別の話。



  ←戻る ↑home