×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット


521 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:16:28.92 ID:lae4B1jRO

( ^ω^)「成程……これは腕に着けるのかお」

 「アンクレット」。
 道端で見付けて、何となく拾った貴金属。
 大した価値があるようには見えないが、雨風に晒されたままにするのは忍びない様に思えた。

( ^ω^)「……」

 まるで捨て猫に対する様な気持ちで、僕はそれを拾った。

( ^ω^)「これって男が着けても良いもんかお?」

 尚も色々調べてみるが、日頃お洒落に気を使わない僕には良く判らない。


522 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:18:01.50 ID:lae4B1jRO

( ^ω^)「ふぅ……何なんだお。お前」

 パソコンのモニターから目を離し、手元のそれを見る。
 くすんだ銀色が寂し気にモニターの光を返す。

( ^ω^)「……ちょっと汚いお。あ、そう言えば……」

 僕はふ、と思い出す。ネット徘徊も無駄ではなかったらしい。

( ^ω^)「あー……歯磨き粉!!」

 久しい知識の活躍に喜嬉とし、いつもの五倍くらいの早さで洗面所に向かう。
 歯磨き粉を歯ブラシに塗りたくる、いつも通りの行程。

( ^ω^)「うはっ、綺麗になったお!!」


523 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:18:42.40 ID:lae4B1jRO

 綺麗な銀色が嬉しそうに笑う僕を映す。

( ^ω^)「綺麗だお……」

(^ω^ )「君のお陰だお!!」

( ^ω^)「うはっ、アンクレットが喋ったお!!」

(^ω^ )「……」

( ^ω^)「……」

 一人芝居の虚しさに気付き、いつもより重い足取りで部屋に戻る。手にはピカピカのアンクレット。

( ^ω^)「……擬人化、擬人化」

 虚しさを埋めるべく、妄想。


524 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:19:28.79 ID:lae4B1jRO

 更なる虚しさを呼ぶ事は知っていたが、気にしたら敗けだと思っている。

( ^ω^)「……昔々、ある所に“アンクレット”と言う、不幸な少女がいました」

 客観的にストーリーを描く神様気取りに「不幸」だなんて言われたくはないだろうな。

( ^ω^)「彼女は主人の為に尽くしましたが、ある日、突然、捨てられてしまいました」

 前の持ち主は何故、こいつを捨てたんだろう。

( ^ω^)「そんな彼女の元に心優しい……」

 嘘は良くない。

( ^ω^)「彼女の元に……良い歳して定職にも就かず、一日中ゴロゴロしている親不幸者が訪れました」

 あぁ……。


525 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:20:22.28 ID:lae4B1jRO

( ^ω^)「彼は大変彼女を可愛がりました。でも働きはしません」

 「彼」は果たして「良い人」なんだろうか。

( ^ω^)「彼は……彼は……」

 それでも、少なくとも、“彼女”に取っては、あるいは。

( ^ω^)「“それ”も所詮は一人よがり、かお……」

 ほら、いつも通りのバッドエンド。
 僕はスタッフロールも見ないまま、迅速に、それでも、たったひとつ、行動を起こしてから、眠った。

( ´ω`)「ん……」

 窓の外は明るい。
 雀の歌声をBGMに体を起こす。
 BGMに混ざる雑音。着信メロディ。
 どうやら、僕を起こしたのは、こいつらしい。
 机の上にアンクレットがない事を疑問に思いつつ、携帯電話に手を伸ばす。


526 名前:( ^ω^)ブーンと不幸なアンクレット[] 投稿日:2007/02/08(木) 20:22:01.41 ID:lae4B1jRO

( ^ω^)「アンクレット……そう言えば昨日……」

『もしもし!? あ、あの“アンクレット”受け取りましたっ!!』

 そう言えば、昨日のうちに警察に届けたんだっけ。
 ようやく回り始めた頭を動かし、口を開く。

( ^ω^)「あ、あぁ持ち主さんかお? それは良かったお」

『ありがとうございましたっ!! 大事にしてたから、なくしちゃってどうしようかと……』

 電話の向こうの彼女は確かに言った。
 “良い人”に拾って貰えて良かった、と。
 あぁ、そうか。
 “不幸な少女”はいないんだ。

( ^ω^)「いえいえ。彼女を大切にしてあげて下さいお」

『彼女? それでお礼がしたいんですが―――』

 適当に約束を交わし、僕はいつもより軽い足取りで家を出る。
 向こうから幸せそうな少女が歩いて来る。手にはアンクレット。

(*゚ー゚)「お待たせしました……本当ににありがとうございましたっ!!」

 天気は快晴。
 僕は少しだけ控え目なハッピーエンドを向かえた。

―fin―



  ←戻る ↑home